裏話的な。

ひっそりと。

Gutenberg、うーん何かだなあ

Wordpress5.0の投稿画面で、新エディタ「Gutenberg」が導入された。

慣れていないのに大幅にフォーマットが変わったというのもあるが、使いにくい。

一通りテストしてみての感想は、WIXなどのホームページ作成と似たような感じかなと。

ビジュアルで直感的に動かせるというのは、初心者にとってはメリットなのかもしれない。しかしそれがメリットになるのは初心者だけ。

従来のWordpressの編集画面や、それと似たような形式の多くのブログの編集画面に慣れていると、細かいところの調整がしにくい印象を受ける。

ブラウザ上で少しずつ書き足すならともかく、オフラインでテキストを書き、それをまとめて編集画面でアップするという使い方には向かないような印象。

何だかなあ。

Wordpressはこれを標準にするつもりなんだろうか。

プラグインを入れると旧エディタに戻せるが、プラグイン抜きのデフォルトでもテキスト主体の編集と画面を選択できるようにしてほしいですわな。