裏話的な。

ひっそりと。

font周りを見直し

ウェブサイトのフォントをいじってみる。

 

Webフォントにしようかと思ったが、テストしてみると重い。2~3秒とはいえ読み込みにタイムラグがあるときつい。

 

Webフォントは見送って、どうしようか。

候補は以下のようにしてみた。

 

  1. 源ノ角ゴシック(Source Han Sans)/ Noto Sans
  2. 游ゴシック
  3. ヒラギノメイリオ
  4. 端末環境の標準

1の環境がなければ2,2も環境がなければ3,3もなければ4と順番に移るように考えてみた。

 

1はフォントはフリーでDLできるものの、PCでのデフォルトで入っているフォントではなく、インストールされているPCでしか見えないという問題。

源ノ角ゴシックとNoto Sansはほぼ同じもののようだが、デフォルトのフォントが違う。Notoはデフォルトが太く、太字が続いて長文だと読みにくい印象。Notoには一段細いLightを指定すると、源ノ角ゴシックのデフォとほぼ同じ感じに。片方しか入っていない場合も考えて、一応両方指定。

 

2の游ゴシックはwin10やmacでもデフォルトとなっている。しかしmacはいいが、winだと細すぎるのがデフォルトで出てきて読みにくい。winではmediumの太さが表示されるように指定するといい感じ。

 

最終手段はmacヒラギノ、win=メイリオの組み合わせ。1+2いずれもインストールされてない環境向け。