裏話的な。

ひっそりと。

cssフォントの最適化を考えてみる

游ゴシックを設定しているサイトも増えている。しかし、一部のweb表示だとなんだかいまいち。

 

ウィンドウズのPC、特にchromeで閲覧した際に特に相性が悪い。

 

win10ではRegularの太さが標準フォントとして割り当てられる。そしてchromeだと元々細めにレンダリングされる傾向があるのでより細く見える。

 

cssで’Yu Gothic medium’と太さを設定をするといい・・・という話もあるが、mediumでも細めに見えて読みにくい。最新のいいディスプレイならともかく、一般的なwinPCだときついかもしれない。

 

当方で管理している別サイトにも游ゴシックを設定しようとしたが、かすれ問題で長文サイトでは目が辛い。断念。

 

やっぱりメイリオか・・・。しかしこれはこれで、なんだか場違いなような気もする。游ゴシックも、太ささえはっきり見えれば捨てがたいのだが、現状では無理か。

 

Webフォント→重いから却下

Noto Sans CJK JP、源ノ角ゴシック(source han sans)→ローカルにインストールしている率が不明。chromeだといい感じだが、firefoxだと太く見えるのも難点。

BIZ UDゴシック→win10の最新updateだとこれかもしれんが、これもまたしっくりこないかもしれない。

 

と思い当たった最適解?

 

あえてフォントは指定せず、{ font-family:sans-serif; } にして、閲覧者のデフォルトに任せるべきかという結論に。慣れている文字の方が読みやすいのかも。