裏話的な。

ひっそりと。

大阪府北部の地震

2018年6月18日午前7時58分頃に発生した、大阪府北部を震源とする地震

かなり大きな被害が出ているようです。

 大阪府高槻市の小学校では、登校中の児童が、学校のプールブロック塀倒壊に巻き込まれて死亡する事故もあったとのこと。

また大阪市東淀川区では、児童見守りボランティアに出動中の地域住民が、民家のブロック塀倒壊に巻き込まれて死亡したとのこと。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、ケガをされた方の一日も早い回復を祈ります。

学校の被害(午後4時現在)

NHKニュース 06月18日 17時01分

この地震震度6弱震度5強の揺れを観測した、大阪府内の11の自治体の教育委員会などに18日午後4時現在で取材したところ、大阪・高槻市で小学校のプールの周りにあるブロック塀が倒れて通学途中だった小学4年生の女の子が死亡したほか、少なくとも25人の児童と生徒がけがをしました。

各地の教育委員会などによりますと、▼震度6弱の揺れを観測した大阪・高槻市の寿栄小学校のプールの周りにあるブロック塀が倒れて通学途中だった9歳の小学4年生の女の子が巻き込まれて死亡したほか、▼枚方市にある府立牧野高校で、体育館の天井の一部が破損し、部活動をしていた女子生徒の目に粉のようなものが入り、病院で手当てを受けたということです。

このほか、吹田市茨木市などで校舎の中でものが落ちてきて足の骨を折ったり、通学中にがれきが落ちてきて足にけがをしたりするなど、少なくとも25人の児童や生徒がけがをしたということです。

【建物被害】。

また、小学校や中学校の建物の被害も数多く報告されているということです。

このうち吹田市では、市内の小中学校あわせて54校のうち、50校で▽教室の窓ガラスが割れたり▽建物にひびが入りコンクリート片が落ちたりする被害が出ているほか、▽濁った水が出ているということです。